キリスト教のお墓を建てる意義や子孫への信仰継承

キリスト教のお墓を建てる意義や子孫への信仰継承。首都エルサレムの旧市街には、贖い主イエスさまの墓石だと伝えられている石造りの棺を中央にした聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)がある。ローマのエンペラーだったコンスタンティヌスのママがイスラエルを訪れ、インスピレーション的な摂理によりイエスさまの遺物を発見し、その場所にチャーチを建立したと伝えられている。

キリスト教お墓を建てる意義や子孫への信仰継承。

首都エルサレムの旧市街には、贖い主イエスさまの墓石だと伝えられている石造りの棺を中央にした聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)がある。

ローマのエンペラーだったコンスタンティヌスのママがイスラエルを訪れ、インスピレーション的な摂理によりイエスさまの遺物を発見し、その場所にチャーチを建立したと伝えられている。

聖墳墓教会 に入ると、救い主イエスさまの聖なる亡き骸を置いて香しいオイルを塗ったと言い伝えられているピンク色の石板があります。

キリスト教のお墓

永遠の聖地イスラエルに存在する私たちの罪の身代わりに死なれたイエスさまの墓穴についての説明。

青森県に造られている「キリストの墓」というのは偽造ですが、本物は永遠の聖地イスラエルに存在する。

岩に掘られた墓穴の中には石棺が置かれていた痕跡があり、聖墳墓(せいふんぼ)チャーチに存在する石棺や大理石の板はこの場所から移されたとも推察される。

全ての者の復活させられる日。

一神教の聖書には、現世のお終いに漏れることなく全ての者が復活して、最後の判定を被ると教えられている。

人間の生き方は、素晴らしい行いも悪い活動もすべて記録されており、それぞれの振る舞いに適切な報いが用意される。

救い主イエスさまの犠牲を聞き入れる人は、永遠の命が与えられ、悪い報いを受けなくて済む。